黒谷和紙製品のご紹介

黒谷和紙製品のご紹介

数ある黒谷和紙製品の中から、一部をご紹介します。

名刺入れ

定番商品。制作を始めてから40年間愛され続けている商品。
染紙衣(そめかみこ)・模様紙衣・型染め紙衣にて表が飾られています。使えば使うほどに、柔かくなり、手になじんできます。

7.5cm×11.5cm

小銭入れ(大・小)

ちょっとしたお買い物に行くときに、バックの中で邪魔にならないサイズの小銭入れです。

すべて和紙製 そして熟練の職人が丁寧に1つずつ手作り加工しています。

サイズ 大 9.5cm×9.5cm
小 6.5cm×8.5cm

型染和紙

黒谷和紙に色とりどりの染をほどこした「型染和紙」

その製法は和紙に型紙をおき、ぬかなど自然なもので作った糊をおいてマスキングし、糊のおいていないところに顔料を呉汁(大豆の絞り汁)を溶いて刷毛で1枚ずつ染め上げていきます。
染め上げた後はお湯につけて糊を洗い落とします。すると綺麗な模様が浮びあがります。顔料の定着に1ヶ月以上をかけ、その後、名刺入れや札入れなどの商品に加工していきます。

和帖

丁寧に和とじされた「和帖」です。

表紙も中の本紙もすべて手漉き和紙で作られており、あたたかな手触りです。
集印帖代わりに使われるのもおすすめです。

サイズ 大 26.5cm×17.7cm
中 24cm×17.7cm
小 21cm×15cm
ミニ 14cm×9.5cm

集印帖

今では気軽にいただけるようになった神社やお寺のご朱印。
もともとはお寺で写経を納めた証として授与されたものだったそうです。
神社やお寺をお参りした証として黒谷和紙の集印帖にご朱印をいただくのはいかがでしょう。

サイズ 大 16.5cm×12cm
小 15cm×10.3cm

札入

すべて和紙だけで作り上げた札入です。
お札を折り曲げずに入れることができます。
使うほどに手に馴染み、しなやかになっていきます。
お札の他、チケット入れとしても。

サイズ 9.5cm×18.5cm

ブックカバー

文庫本サイズのブックカバーです。
丈夫で使うほどに手に馴染み、本の厚さによって調節も可能です。
色々なカラーがあります。

耳付名刺

和紙の「耳」とは、漉いたままの状態の和紙の辺のことを指します。
耳付名刺はには、4辺すべてに「耳」がついています。
和紙のよさ、あたたかさが小さな1枚にぎゅっと凝縮されています。

印刷は活版印刷がおすすめです。

50枚入り

型染クッション

型染めという手法をつかって1枚1枚染め上げた和紙で作ったクッション。

最初はパリッとした手触りのクッションが使うほどにしなやかになり、優しい風合いになっていきます。
黒谷和紙協同組合のソファーには、20年以上使用しているクッションが今も現役で使われています!

ポチ袋(大・小)

大きいサイズはお札を折り曲げずに入れられます。

小さいサイズにはスジの入った白地の和紙に、季節の花などを1つ1つ手で染め上げた型染タイプと、スジと細かく切った和紙を漉きこんだ七夕タイプがあります。

サイズ 大 17cm×9cm
小 11cm×5.6cm

一枚漉き便箋

四辺耳付の便箋。
一枚一枚手間をかけて乾燥した、昔から使われ続ける黒谷和紙定番便箋。
無地・罫線入り・七夕(切染紙)入り・雲かけなど種類も豊富。
万年筆でも書き味が良いと高評価をえている製品です。
「にじみ止め」もされています。

15枚入りが定番です。

型染はがき

ハガキサイズで1枚ずつ漉いておりますので四辺に「耳」が付いています。
色々なデザインでひとつひとつ染めています。

 

PAGE TOP