黒谷綜布(紙布)

黒谷綜布(紙布)

紙で織った布「黒谷綜布」(くろたにそうふ)

「黒谷綜布」とは?

「黒谷綜布」(くろたにそうふ)は、手漉きの黒谷和紙を材料に織り上げられた布です。
紙製の布は一般に「紙布」(しふ)と呼ばれていて、その中でも黒谷和紙を材料とするものを特別に「黒谷綜布」と名付けています。

 「黒谷綜布」の特長

和紙の独特の風合いと、織物のしなやかさを備え、軽くて通気性がよい布です。
麻のようなさらりとした肌触りと、表面に出ている独特の凹凸が、紙布の証明です。

保湿性、防臭性、抗菌性、保温性など、すぐれた機能を有します。
また、黒谷和紙は強い紙なので、何度でも洗って使うことができます。

和装、洋装、インテリア、小物など、日常生活の様々な用途で「和の暮らし」をお楽しみいただけます。

「黒谷綜布」はどうやってつくる?

(1) 京都府産の原料(コウゾ)を使って手漉きで薄く黒谷和紙をつくります

(2) 黒谷和紙を細長くスリット状に裁断します

(3) 裁断された紙を細くよって、糸状に加工します(撚糸)

(4) 経糸(たていと)に絹糸を、緯糸(よこいと)に黒谷和紙の撚糸を使って、丹後ちりめんの製法で織り上げます

(5) 用途に応じて織りあがった布を染色します。 京鹿の子絞りなど高度な技法で多彩な表現を施します
※染色加工は、必要に応じて紙漉きの段階などにも行うことがあります

 

「黒谷綜布」誕生ストーリー

和紙で織った布には、おどろきの機能があった

和紙は衣服として、「紙衣」(かみこ)と呼ばれて古くから活用されてきましたが、安物のイメージがあったり、他の繊維素材が大量に出回る中で、近年ではあまり注目されてきませんでした。

そうした中で、京都府立大学の細矢憲教授の研究により、和紙を特殊な方法でよった糸で織物を作ると、綿よりも保湿性が高くなる一方、細菌を減少させる効果があることがわかりました。
元宇宙飛行士の山崎直子さんが2010年にアメリカの宇宙船スペースシャトルに搭乗したときにも、和紙の糸を使った靴下が船内服に採用された事例もあったことから、黒谷和紙を使った機能性織物の開発がはじまりました。

試作品の開発に着手

細矢教授や丹後ちりめんを手がける機屋さんなどと一緒に研究を重ね、2015年に試作品を完成させました。
幅2~3mmのテープ状に裁断した和紙を「こより」のようにねじってつなげて糸にして、絹糸と組み合わせて製織するという基本形ができあがりました。

商品化に向けて試行錯誤の連続

商品化に向けては、多くの課題がありました。

最初に漉き上げる紙の厚みによって、織物の柔軟性が大きく変わってきます。
まず、布の強度と柔軟性を最適な形でバランスさせることに力を注ぎました。

次は撚糸の段階です。
和紙を細長くより合わせていくので、撚糸加工の後でも糸には凸凹ができます。
この凸凹が紙布の外観や手触りを特徴づける要素になりますので、あまり滑らかな加工は行いません。

しかし、凹凸があると、撚糸加工のときに糸が切れたり、織るときに織機に引っかかったりして、スムースに織りあがりませんでした。
何度も何度も与謝野町の機屋さんに足を運んでテストしたり、京丹後市にある試験研究機関(京都府織物・機械金属振興センター)に通って技術相談や試験を繰り返したりして、ようやく、安定した品質が確保できるようになりました。

インテリア分野へ進出

また、紙布が染色の工程にも耐えうるかどうか、京鹿の子絞振興協同組合さんにご協力いただいて何度もテストを重ねました。
「京鹿の子絞」は、京都を代表する伝統産業のひとつで、繊細で緻密な色彩表現や、「くくり」など手仕事による高度な防染技術などによって生み出される芸術的な美しさが特長です。

これまでから京鹿の子絞振興協同組合さんにはコラボ商品の開発などでお世話になっていて、黒谷和紙への染色技術は確立しておられました。
しかし、今回「紙布」という未知の素材が、伝統の染色という高い要求水準を満たすことができるか少し心配でした。

そうした中で、完成品のモデル的な製品づくりを兼ねて、インテリアとしての几帳を試作する機会に恵まれました。

絹糸と和紙の両方の染色に通じておられる京鹿の子絞振興協同組合の組合員さんと色デザインや染料、技法の選択などについて何ヶ月も打ち合わせとテストを続けました。
そしてついに、同組合の皆様の熱心な研究と技術によって、「紙布」が繊細な美を表現するキャンバスとしても十分な働きができることを証明していただきました。

※これら商品化に向けての研究開発資金として、(公財)京都産業21の助成を受けました。

 

「黒谷綜布」のご用命

几帳(完全オーダーメイド)

几帳は、黒谷和紙と京鹿の子絞の技術の粋を集め、頂点に位置する最高峰モデルとして、また、原材料生産から製紙、製織、染色加工まで、一連の工程全てが京都府内で完結する「メイド・イン・キョウト」の希少な製品として、受注を承っています。 ⇒ 製品紹介ページ

参考価格: 250万円(作品名:「黒谷の四季」(写真))
納期: 約12か月 ※デザインからのご相談となります

お問い合わせは、「連絡フォーム」からどうぞ。

布・素材(受注生産)

参考価格: 着尺(1反/長さ14m × 幅0.4m)25万円
納期: 約6か月 ※年間10本限定

お問い合わせは、「連絡フォーム」からどうぞ。

PAGE TOP